0円で出来るお小遣い情報&実績報告ブログです♪ブログタイトルは毎月変わります(´∀`;)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬を飼う際にお願いしたいこと
2008年04月18日 (金) | 編集 |
さて、迷い犬シリーズ最後となりました

犬を飼う際にお願いしたいこと・・・


首輪をつけて下さい


首輪をつけてないと「この子、捨てられたのね」となる可能性が非常に高いです

実際お隣ワンコは首輪をしておらず、しかも元々やせ気味だった為、保護した人が「まぁ、ガリガリじゃないこんな小さい子を捨てるなんて」と激怒しながら新しい飼い主を探してくれていました(^-^;

首輪をしてるのに一人(一匹)で散歩してると「アレ」って思いますよね?


あと出来れば鑑札か迷子札もつけて下さい。
最近は可愛い迷子札もあるので、是非是非。



最後に、今日の時点で楽天ランキング1位になっている首輪と迷子札を紹介します


PERSON'S DOGSブランドの福袋
首輪とリードセットで\2,980





キラキラストーン付骨型ドッグタグSシルバー
通常\2,300が4月30日まで\1,150


スポンサーサイト
迷い犬を見かけたら
2008年04月17日 (木) | 編集 |
迷い犬を見かけたらして頂きたいことは・・・

・県内の保健所に連絡
・県内の警察署に連絡

ただ、保健所に預けるのは待って下さい(つ´∀`)つマテ

保健所では、飼い主と会えるまで預かるわけではないからです。
保健所(もしくは県)によって違うのですが、短ければ2?3日、長くても5日間飼い主が現れなければ処分されてしまうんです

状況が許すので有れば、可能な限り自宅で預かりつつ上記の所に連絡して下さい。

難しければ警察にお願いします。
警察では1週間預かり、それまでの間に飼い主が現れなければ保健所に移動します。

結局保健所に行くんかい!と思うかもしれませんが、警察に預ければ1週間分時間を稼げます。
飼い主と再会できる可能性が高くなるんです。


あとは・・・

・近所に迷い犬のポスターがないか確認する
・近所の人に迷い犬を保護していることを伝える
・迷い犬を保護していることを伝えるポスターを作り、迷い犬のポスター作りと同じ要領で貼っていく。


お隣ワンコはあるお宅の庭に迷い込み、そこで保護されていました。
その家族の方は近所の方に迷い犬を保護していることを伝えていたそうです。
そしてその話を聞いた近所の方が後日迷い犬のポスターを見て「この子じゃない?」となって連絡が来ました。
なので近所の人に犬を保護していることを伝えるのも結構有効手段です♪
ポスターの内容
2008年04月16日 (水) | 編集 |
さて、肝心のポスターの内容です。

作り方
パソコンで作ると早く楽にたくさん出来ます。
パソコンがない場合、パソコンを持ってる方に依頼してみましょう。
もし周りにパソコンがなかったら、写真を貼る位置をあけて手書きで内容を書きます。写真はコンビニのカラーコピーで引き伸ばします。
また、四隅にガムテープで止めることを考えてその分のスペースもあけておきましょう。

タイトル
「犬を探してます」「迷い犬」「○○ちゃんを探して!」等、何をそのポスターで伝えたいのか分かりやすいタイトルを付けて下さい。一番大きい文字・目立つ色を使いましょう。

写真
出来るだけ大きい写真を使います。紙の半分くらい写真でもOKです。

連絡先
イタズラ電話も多いみたいなので仮名にしておくと無難です。電話番号は携帯かPHSが良いでしょう。

特徴
名前、年齢、体重、毛色、不妊の有無、首輪の有無、いなくなった日時や場所、性格などを書きます。

枚数
多ければ多いほどいいです。お隣ワンコの時は100枚ほどですみましたが、作れる方は1,000枚以上作るそうです。

紙の大きさ
B5かA4サイズが良いと思います。お隣ワンコの時はA4サイズでした。

その他
・電柱に貼る場合、雨で汚れることを心配してビニールに入れる方もいるそうです。
・ポスターを見た人が連絡先を控えなくてすむように、ポスターの下の方に連絡先を書いたポストイットを貼る方もいるそうです。